スラップ!?

間を奏でる、フレットレスベースの織原さん。

ちょうど水戸のスタジオの近くで最近フレットのあるベースを買ったらしくて、それをようやく受け取りに行けたみたい。

何十年ぶりだろ〜って言いながらスラップをやってるのを聞けちゃった。

でも、フレットあっても、織原さんのあったかい音は同じだった。

結局、どうやってもその人の出したい音になってしまうということなんだろうな。

過去の新聞を見る